Miyaブログ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Miya

  • Author:Miya
  • Miya ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 10/6


In F でのチャレンジシリーズ Vol 3 は谷川賢作さんとのDuo。

写真はリハの様子です。

谷川さんが「ここのウチはなんでもあるからなぁ」とおっしゃっていました。

確かに、インエフは「お店」というよりは「ウチ」という表現が似合う気がする。

面白そうな本やら、楽譜やら、CDが壁一面、ぎっしりならんでいて、友達の部屋に遊びにきたみたい。ピアノの下にコントラバスがあったりするし。雰囲気は明るいし、なによりも、おいしいご飯、おでんと日本酒です。楽しくない訳がない。


今回の企画は、私が谷川さんのファンである事をマスターにお話したら、なんとチャレンジシリーズを組んでいただける事に。

以前、コントラバスフルートの天田透さんのライブを見に行った時に、ピアノを弾いていたのが、谷川さんでした。その時も感動したのですが、その後、テレビで流れた、壮大なオーケストラの曲が谷川さんの作曲だと知って、表現の幅広さに圧倒されたのです。

谷川さんの曲のメロディはどこか懐かしい感じがするのに、新しい。自然なのに独特。

これは、一生に一度の機会かもしれない、と思い、私のオリジナルも、たくさん持っていきました。

楽しかった!!

そして、一生に一度の機会は、次につながりました。うれしいぞー。

12月17日、ボーカルの松田美緒さんも加わり、トリオ。

とても楽しくなる予感、是非いらしてくださいね。

インエフでは、私のリーダーで「チャレンジシリーズ」と題して、ライブを展開しています。スタンダードもフリーもオリジナルもなんでもあり。「出会い」の場だったり、「新しい可能性」だったり。「一期一会」の音楽。

是非、聞いて、楽しんで頂きたいです。応援、よろしくお願いします!



11月14日(金)

大泉学園/In F03-3925-6967

Miya チャレンジ シリーズ Vo1 4

Duo

阿部篤志(Piano)×Miya

20:00 start 2 Sets
---------------------------
1月23日(金)

大泉学園/In F03-3925-6967

In F チャレンジシリーズ Vol 5

Duo

伊藤大輔'(Vocal) ×Miya

20:00 start 2 Sets
---------------------------

The first time I played with Mr.Kensaku Tangawa.

The photo is from the rehearsal.

The words Mr.Tanigawa spoke “There is everything in this house” I could really understand.

It feels better if I call In F a house more than a jazz club because it is like visiting a friends house.

There are interesting books, music and cd’s all round the wall and it is a nice bright atmosphere. Also the delicious food and Japanese Sake, there is no way you will not have fun.

I was a great fan of Mr.Tanigawa. When I went to see Mr.Toru Tenda’s gig Mr.Tanigawa was playing the piano. I thought that it was amazing at that time and then was astonished when I found out that the beautiful song played by a orchestra that I heard on TV was written by Mr.Tanigawa.

That is why I was so pleased when the master of In F said he would do a booking with me and Mr.Tanigawa as the [Challenge series]

I respect Mr.Tanigawa’s writing because his melody seems comfortable but something new and his harmony is simple but very original.
I was so pleased that I had the chance to play his originals.

Also I thought that maybe this will be the only chance in my life so I took many of my original songs.

These were great fun too.

To be lucky the only chance led to the next chance and I will be able to play with him again.

It will be on 17th of December and next time it will a trio with Ms Mio Matuda.

I am very excited.

In in F I am playing a Series called [challenge series] . Anything can happen here, standards, free improvisation, or original songs. It is a place to meet new people and seek for new possibilities.

I hope you can come to these ones.



11/14(Fri)

Ooizumi Gakuen/In F03-3925-6967

Challenge Series Vo1 4

Duo

Abe Atsusi(Piano)×Miya

20:00 start 2 Sets
---------------------------
1/23(Fri)

Ooizumi Gakuen/In F03-3925-6967

In F Challenge Series Vol 5

Duo

Daisuke Ito (Vocal)×Miya

20:00 start 2 Sets

未分類 | 固定リンク
(2008/10/12(日) 13:59)

copyright © 2005 Miyaブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。