Miyaブログ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Miya

  • Author:Miya
  • Miya ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 New comers Jazz


前田憲男さん主催のジャズフェス。名だたる大御所の中、新人として演奏出来る機会に恵まれました。

フルートという楽器柄、ビッグバンドは中々聴く機会がないのですが、ウインドブレーカーズは「これぞジャズ!!!」といった感じで
圧巻。当然ながら、前田憲男さんもすごい存在感で、恐れ多くも同じ舞台にたてて、感激でした。

私のコーナー?今日の仕事は板垣光広さんのトリオに伴奏していただいて、Mal Waldronの「Trane’s Soul Eyes」を一曲演奏する事。Malさんは今、私がもっとも気になっているミュージシャンの一人で、曲の持つ崇高なエネルギーと、どことなく和風なメロディを自分のフルートで表現したい、と、この曲を選曲しました

コンサートホールですから、音も信じられないぐらいの反響。

1600人ほぼ満席の会場。どれだけの人の心に私の音が届くだろう、、ふとそんな事を思いましたが、そういう事は考えだすとキリがないので、やめておきます。

たくさんの出演者がいたのに、始まってみればあっという間のステージ。

いつか自分のビッグバンドをやってみたいという夢(妄想?)のためにも、とても勉強になりました。

私も魂がふるえるような音が出したいぞ。

I played at a Jazz festival by the great pianist/composer/arranger Mr.Norio Maeda.

Many famous musicians were there and I was given the rear chance to be able play as a new comer.

Since I play the flute I do not have many chances to hear and play with Big Bands. The windbreakers sound was like the king of jazz and Mr.Norio Maeda has such a strong atmosphere it was a great honor to be on the same stage.

My job for today is to play Mal Waldron’s “Trane’s soul eyes” He is one of the musicians that I am most interested in now and I feel something Japanese in this tune which I wanted to express with my flute.


Nearly 1600 people were there and it was a great experience.

There was a lot to learn from the big band sound.

未分類 | 固定リンク
(2008/03/09(日) 21:33)

copyright © 2005 Miyaブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。