Miyaブログ
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

Miya

  • Author:Miya
  • Miya ブログへようこそ!

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ブログを移転します。
いつもMiya's Blog をチェックしてくださって本当にありがとうございます。

HPのリニューアルに伴い、ブログをこちら に移転します。

タイトルもMiya’s Voice と心新たに、日々感じている事、お伝えしたい事をお届けして参ります。

これからも引き続き、変わらぬ応援のほど、どうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト
未分類 | 固定リンク
(2010/08/28(土) 12:14)

 フルートキャンプ!


アルソ出版のフルートキャンプにジャズコースの講師として参加してきました。

こんなにたくさんのフルーティストと時間を過ごすのは初めて。

富士山の麓、山中湖畔という最高の環境で、2泊3日の中身のこ~いキャンプでした。

ジャズ、即興の喜びをみんなで分かち合える瞬間は何よりも幸せです。

これからもジャズフルートがひろがっていきますように。






未分類 | 固定リンク
(2010/08/23(月) 00:52)

 8/19



伝えたいのは「愛」。

ニカスのような喫茶店では、そういう事を感じます。

特別は所で演奏できて、幸せです。

ベースのシマケンさん、ギターのナオさんと。
未分類 | 固定リンク
(2010/08/23(月) 00:40)

 江ノ島だよ~
8/18



12:00に新宿に集合して、コトコト電車に揺られ、到着した江ノ島。

朝美さんと、演奏する前にどこか気持ちのいい所でセッションしたいなぁって思っていた。

そういう気持ちぴったりな所があるもので、ちょうど行きたいと思っていた江島神社にお誘いしたら、快くOKしてくださって実現した小旅行。

道中で音楽の話がたくさん出来ました。

その日にあって、その場で音楽をつくる。

「音」で会話をする事がジャズの醍醐味ですが、「言葉」でも音楽の事を分かち合える仲間と演奏したいという気持ちが芽生えてきています。

今より先の世界へ行くために、思い込みや恐れをなくして、強くなる時期。

シーズン真っ盛りの江ノ島はとってもにぎやかで、ゆっくり音は出せなかったけど、芸能の神様、弁天様もきっとあたたかく見守ってくれているハズ。

一人で出かけのもいいけど、仲間がいると喜びも格別です。

朝美さんの歌からは、いつも「喜び」を感じる。

音楽ってそういうものだよねっ。

最高の時間を過ごした後、代々木ナルへ。

初組み合わせの道下和彦さんと朝美さん、お二人の相性も抜群。

オルガンの黒瀬加奈さんもピアノで飛び入りしてくださったり、道下さんに教えて頂いた大好きな曲「Diamond Dust 」や、道下さんアレンジの「Spain」などご本人がいらっしゃらないとなかなか演奏出来ないレパートリーも出来て、充実感のある3セットでした。

ありがとうございました。

未分類 | 固定リンク
(2010/08/23(月) 00:33)

 喫茶文化の底力
音会






演奏と踊りはセットで、ダンサーがいない時は、自分がダンサーになってしまいたいと思ったりする。

客席に入って吹いたり、音楽の演劇的要素も試したい。

視覚効果をすべてなくして、音だけで勝負してみたい。

即興演奏は普段だったら思いつかないようなアイディアが出てくる。

目の前に広がっている世界に限界はない。

豊かな音風景に目を向けると、日常の出来事一つ一つが、創作の喜びに溢れている事に気がつきます。

新しい扉を開いてくれた斎藤徹さん、貴重な機会をくださったプロデューサーの吉田隆一さん、企画&主催の月光茶房、喫茶茶会記のみなさま、応援にかけつけてくださったお客様。本当に、本当にありがとうございました。

写真を撮影してくださったのは、広島のお好み焼き屋で出会った、Wolfgang Georgsdorf さん。

原爆ドームの前でセッションした時は、わからなかったのですが、よくよくお話を聞いてみると、ベルリンを拠点に活動している、すごい芸術家の方でした。

一つの物事に対して、百も千もの考察が出来て、その美しい解釈に、無限の可能性を感じる。

心が洗われると同時に、その強いエネルギーに圧倒される。

こんなに芸術の話が出来て、刺激をもらえるなんて、なんてうれしいのだろう、信じられない出会いだ、という事を伝えたら、このような出会いは、毎日の瞬間、すべての人に起こっている事で、特別な事ではない、すべての出来事に対していかにオープンでいるかどうかが重要だ、とのお答えでした。



終戦記念日のこの日、自宅の本棚からパラリと落ちてきた本。




喜界島に群生する「特攻花」を取材/撮影した19歳の女性カメラマンの写真集。

数年前この本を手にした時は、まだ意味を受け止める事が出来なかったけど、色々な経験を経て、あらためて見てみると、瑞々しい感性と純粋な洞察力で彩られた作品から新しい発見があります。

違う表現分野の友人との交流を通して、音楽以外の事と、どうやってつながっていったらいいのか、少しずつ見えてきた。

未分類 | 固定リンク
(2010/08/19(木) 02:01)

次のページ
copyright © 2005 Miyaブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。